月別アーカイブ: 3月 2017

家の外壁塗装をすることで得られる多数のメリット

家が古い場合は塗装をすることが重要になっていきます。私の家は古いので外壁塗装にも大きな興味がありました。家族にそういった作業の話をすると積極的に聞いてくれました。

それからは家を塗装するために業者を探しました。ネット上の口コミサイト外壁塗装24時で優れた業者を見つけたので、外壁塗装の話は直に進みました。

私は外壁塗装を経験してその魅力が分かりました。例えば屋根塗装をすれば見た目が良くなります。私の家は古かったので屋根塗装の効果も高かったです。

その他にも家の耐久性を上げるためにも外壁塗装は必要です。特に外壁塗装をしていると風や雨にも強くなります。以前の家は屋根が不安定だったので、そこを塗装することで新しい雰囲気が得られました。

家族は外壁塗装の結果に非常に満足しているので、こういった作業をプロに依頼する意味はあります。また家の未来を考えると塗装をすることが重要です。こういった作業をすれば古い家もまだ使えるようになります。

お金に余裕がある場合は外壁や屋根塗装を考えることがお勧めです。

ワンランク上の外壁塗装について

建物の外壁は、直射日光や風雨、また粉塵や排気ガスなど、外の悪い影響をダイレクトに受ける部分です。外壁の塗装は、そういった外界からの攻撃に常に耐えていますので、経年劣化は意外に早く来ます。

確かに「塗装」であるから、多少の汚れくらいならば平気だろう、と思う人も多いことでしょう。実際に、町で見かける住宅は、そういったケースが多いため、別に問題視しなくても良いようにも思えます。

しかし、外壁の塗装をなおざりにすることは、外壁全体を痛めることにも繋がりかねません。外壁の劣化は、例えばひび割れなどまで悪化し、水の侵入までに発展する場合もあります。
ですから、そういった悪い状態を回避するためにも、定期的な外壁を塗装することが大切です。
しかし、もし定期的に外壁の塗装を考えるのでも、もう少し良いものを採用するのも良いことと思います。と言うのも、最近の塗料は以前には考えられなかった性能を持つ塗料が出て来たからです。

例えばですが、高い耐久性を持つものが出てきました。これは塗装の寿命を長くするだけでなく、長い間新しい状態を保持するものです。

また、汚れが付きにくいものが出てきました。この機能によって外界から来る汚れも付きにくくなり、美観が損なわれないメリットもあります。

また、断熱性を持つものが登場しました。これは、塗料自体が熱を反射する機能があるもので、外気の暑さが室内に届くのを鈍らせますので、光熱費のコストダウンにも繋がります。
こうしてみると、外壁塗装は定期的に行うことが望ましいのですが、もう少し手を伸ばして、ワンランク上の塗装をしてみるのも良いことだと考えられます。

わが家の屋根と屋根の種類

わが家の屋根は、ガルバリウム鋼板という屋根の素材を使用しています。

ガルバリウム鋼板とは字の通り「鋼の板」を使った屋根です。

私たちがお世話になった大工さんによれば、最近の新築の屋根材はほとんどがガルバリウム鋼板だそうです。その理由は「軽くて丈夫だから」だそうで、地震などが起きた際、重たい瓦屋根は揺れに耐えられず落下してしまったり、建物に被害が出たりするそうなのですが、ガルバリウム鋼板はその心配も少ないそうです。

また、ソーラーパネルがつけやすい屋根もガルバリウム鋼板なんだそうです。

これは、ソーラーパネルの営業マンに聞いた話なのですが、ガルバリウム鋼板の屋根にソーラーパネルをつけるときは、穴を開けて固定しなくても大丈夫だそうです(ガルバリウム鋼板の屋根でも、屋根の形によっては穴を開けなくてはならない場合もあるそうです。)。

ちなみに、他の屋根材にはどのようなものがあるのかというと、まず先ほども書きました「瓦屋根」、そしてあまり耳にはしませんが「ジンカリウム鋼板」や「アスファルトシングル」などもあります。また、瓦屋根の中にも「和瓦」と呼ばれるものと「ルーガ」と呼ばれるものがあります。和瓦は、主に陶器や粘土を用いた瓦屋根のことで、耐久性が高いのが特徴です。

しかしその反面、初期費用やメンテナンス費用が高いので、手を出さない人が多いようです。ルーガは、セメントでできた瓦屋根で、瓦屋根の特徴をもちながらメンテナンスフリーというメリットがありますが、金額は和瓦以上で施工地域も限られてしまうそうなので、あまり親しみがないのも無理はありません。

こうして見てみると、ひと言で「屋根」と言っても、色々な種類があるんだということが分かりました。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !